どれくらいが相場なの?離婚の慰謝料

離婚をする際にしばしば問題となる「慰謝料」について、その定義や平均的な請求金額などについてまとめました。

サイト内検索(by Google)
どれくらいが相場なの?離婚の慰謝料

離婚をする際の慰謝料について

夫婦が離婚をするにあたって、よくトラブルとなってしまう事項のひとつに「慰謝料」の問題があります。皆様もその名称こそテレビなどで耳にすることがあると思いますが、どんな場合にもらえるのか、またどのくらいが適当な額なのかということについては、意外にもあまり知られていないのではないでしょうか。今回は、「慰謝料」についてとりわけ詳しく説明します。

そもそも、慰謝料とは、どういうものなのでしょうか。これは相手方の有責行為(具体的には浮気やドメスティックバイオレンスなど)によって、離婚に追い込まれ、精神的苦痛を味わった場合に、その代償として支払われるものです。とはいえ、夫婦には、お互いに言い分があることもありますので、慰謝料に関する申し立てが全て受け容れられるとは限りません。また、裁判所が慰謝料を支払わせるほどのものでもないと判断した場合も同様です。次に、慰謝料の平均的な請求金額についてです。上記で申し上げました通り、ケースバイケースということになりますので、厳密にお伝えすることはできませんが、通常100万円〜300万円といった額が一般的な範疇といえると思います。最後に、慰謝料の請求に関する注意事項についても、書き記しておきます。実は、この慰謝料の請求には“時効”がございます。離婚届を役所に提出されてから3年の月日が経過してしまいますと、請求はその時点で不受理という扱いになっていまいます。なお、時効の中断手続きも可能となっていますので、万が一、期間ギリギリといった事態となってしまった場合は、弁護士をはじめとした有識者にご相談されるとよいかと思います。

一度は夫婦となり、将来の明るい生活を見て愛し合った仲。離婚と言う結末は、一種のものさびしさを感じさせますが、お互いのこれからの人生を尊重できるようにできたらいいですよね。慰謝料の請求も大切な手続きですが、最後の最後くらいはあまり揉めることのないようにケジメをつけたいものです。

関連サイト

  • 離婚のお悩みは弁護士にご相談ください。
    >> 離婚弁護士

Copyright (C)2014どれくらいが相場なの?離婚の慰謝料.All rights reserved.